不飽和脂肪酸は体に必要な栄養です

一価不飽和脂肪酸の効能

不飽和脂肪酸の中においてもとりわけ、一価不飽和脂肪酸の効果に関しては悪玉コレステロールの上昇を抑えて善玉コレステロールを減少を抑え、また血液中の中性脂肪が増えることを抑える特徴があります。

 


何よりも必須脂肪酸は大切です

多価不飽和脂肪酸の中においても、身体にとって大切な栄養素なのですが、体内で合成されない脂肪酸のことを必須脂肪酸といいます。これはリノール酸とα-リノレン酸の2種類になります。

 


オメガ3系・6系多価不飽和脂肪酸も大切です

多価不飽和脂肪酸には、二重結合がどの位置であるかにより、オメガ3、オメガ6、オメガ9・・・という様に類別されています。その中においても何よりオメガ3系とオメガ6系の脂肪酸には心臓や血管、免疫や神経系に加えていくつもの体に良い影響を与えます。

必須脂肪酸のリノール酸にはオメガ6系の筆頭として、α-リノレン酸はオメガ3系の代表になります。しかも、魚に多く含まれるDHAやEPAなどの栄養価の高い脂肪酸に関してはオメガ3系で作られているのです。

 


リノール酸の摂りすぎに注意しましょう

リノール酸は体には欠かすことのできない必須脂肪酸の一つなのですが、昨今の食生活では摂りすぎの傾向が見られているようです。リノール酸は大切な栄養素なのですが、摂りすぎにより炎症、アレルギーや喘息などといった症状の引き金になるとも考えられますので、なにより摂り方のバランスが大切といえるのではないでしょうか。