酵素」カテゴリーアーカイブ

消化酵素とは

消化酵素とは名前の通り食物を消化し、分解するための酵素になります。

一言で消化酵素と言っても多くの種類がありますので、ひとつひとつの消化酵素には1つの仕事をそれぞれこなします。

決して、胃や腸などが直接消化器官で消化をしているわけではないのです。

たとえばアミラーゼと呼ばれる消化酵素はデンプン「炭水化物」を消化分解するのですが、脂肪やたんぱく質を消化分解することは不可能になります。

 しかも口の中で噛めば噛む程、口内の唾液アミラーゼ(αアミラーゼ)と呼ばれる消化酵素が分泌されることによりデンプンを消化分解しますので、「よく噛んで食べる」ことはとても大切といわれているのです。

そうした消化酵素が食べものを分子レベルにまで消化されれば問題ないのですが、食生活が偏り、酵素をたくさん消費することで消化酵素が不足し消化不良に陥るため、さまざまな病気の要因となってしまうのです。

 しかし、消化酵素は体内で作り出される潜在酵素から分けられる以外に食物からも摂り入れる事が可能といわれています。

生野菜やくだもの、海藻、発酵食品といったものや加熱調理を行われていない食物には酵素が含まれており、それら酵素が大量に含まれた食品を食べると体内での消化をサポートして、体内で作り出される潜在酵素を新陳代謝に大切な代謝酵素に多く割りあてることが出来るのです。

代謝酵素とは

酵素においては幾つもの種類がありますけど、それらの中でも健康的な身体を保つうえで大切な役割を持っているのが、代謝酵素になります。

代謝酵素と呼ばれるこの酵素は、身体の新陳代謝を促進させて健康を保持する役目を果します。しかも、免疫力を上昇させ病気の予防や、病気の改善するといった役割も担っているのです。

人が呼吸をできるのは代謝酵素のおかげでもあるといわれており、心臓を動かし、血液を体全体に送ることができます。

そのように、人々の健康維持に必要な代謝酵素ですが、この代謝酵素と関係の深いものが、消化酵素になります。

食物を消化して栄養に変えてくれるのが消化酵素ですが、食物の消化に要する消化酵素の量は一定ではありません。食物は消化されやすいものとそうでないものがあり、消化酵素の消費量も食物に応じて変わってきます。

仮に脂質の多いものを食べた場合には、普段よりも多くの消化酵素が消費されると考えられています。すると、多くの消化酵素が消費されることにより体内の酵素量が減り、代謝酵素が足りなくなってしまうのです。

消化酵素と代謝酵素は関係性が強く、消化酵素が多く消費されれば、それだけ代謝酵素にも影響を与えることになるのです。これにより、消化酵素を使い過ぎることは、代謝酵素の不足がもたらされることになってしまうのです。

代謝酵素が足りなくなれば、免疫力や回復力の低下につながり、病気になりやすい体になると考えられます。そうならないために、日頃から脂質の多い食事や消化の悪い食物はほどほどにすることが大切になります。